厚底シューズには無い着地の安定感が魅力のナイキ ズーム ストリーク6

シェアする

先日、「ナイキ ズームフライ フライニット と ペガサス ターボのどちらを次のレースで使おうか迷ってま~す」なんていうことをブログに書きました。

次のレースはズーム フライ フライニットにするか、ペガサス ターボにするか迷っています。 ペガサス ターボを衝動買いするまでは、ズー...

なんですが、実はもう一足伏兵が現れまして、またまたお悩み中なんです。

その伏兵が、ナイキ ズーム ストリーク6でございます。

どうも、最近周りからナイキに魂を売ったとか、ナイキの宣伝マンとか言われているエノカツです。 ナイキばかり履いていますが、決して決して...

このシューズ、ペース走やインターバル走などのポイント練習用にと、格安セール品で買ったのですが、何気に優秀なランニングシューズなんですよね。

というのも、ズームフライ フライニットやペガサス ターボのように厚底じゃないということで、着地時の安定感はストリーク6の方が上。

特に路面の凹凸、起伏、カーブなどによって、厚底シューズは不安定な挙動が出ることがあり、不安要素が全くないわけではありません。

その点では、ストリーク6の安定感は捨てがたい魅力で、しかも軽量。

もちろん、ズームフライ フライニットもペガサス ターボもエネルギーリターンの良さが、距離が長いレースになるほど、有利に働くことは確かだと思うのですが・・・

まぁ、こんな悩みもある意味楽しいのかもしれませんが、もうそろそろ決めないと次のレースが迫っておりますので・・・

ということで、今日のこところはこの辺で。

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ