筋トレ効果で体重が3キロも増えてランニングに悪影響が出てきたので少しやせようかと思います

シェアする

今、僕の体重は対前年同月と比べて3kgも体重が増えています。

以前、ブログにも書いたのですが、最近は筋トレを取り入れてプロテインを摂取し、ボディメイク的なダイエットを始めたからです。

日々ダイエットに励む皆さん、こんにちは。 体重は予定通りに減っていますか? なに?なかなか減らない? 私はここ数年、体脂肪率...

体重が増えたが筋肉は増えた

タニタの体重計で記録しているデータを引っ張り出して、現在と昨年の今頃を簡単に比べてみました。(データは1カ月間の平均値です)

2016年9月 2017年9月
体重 57.4kg 60.5kg +3.1kg
体脂肪率 10.2% 8.8% -1.4%
脂肪重量 5.85kg 5.32kg -0.53kg
除脂肪体重 51.55kg 55.18kg +3.63kg

この表をから言えることは、

  • 体重は3,1k増えているが脂肪は0.53g減っている
  • 筋肉量(除脂肪体重)は3.63kg増えている

ということです。

ダイエット的な観点から言えば、体脂肪は減り筋肉量が増えている訳ですから、体組成は良くなっていると言えます。

ランニングのパフォーマンスは向上していない

しかし、僕は最近あるジレンマを抱えています。というのはランニング的にはパフォーマンスは向上せず、むしろ下がっていると感じているからです。

去年と同時期のランニングのデータを詳しく比較してみる必要がありますが、感覚的には以下のような違いを感じています。

  • ロードでの登り坂やトレランでの登りでスピードが落ちている。
  • 燃費が悪くなった(シャリバテが早期に起こる)。
  • トップスピードでの持続時間が短くなったなど。

ボディビルダーのような体形をした優れた長距離ランナーは存在しません。理由は走るための筋肉以外は全て削ぎ落し、100gでも体重を軽くした方が、ランニングのパフォーマンスは圧倒的に有利だからです。

トレランでは2Lの水を背負って走ることもありますが、水が半分の1Lに減っただけでも登りのスピードに大きく影響します。水が1L減れば体重1kgの減量に相当する訳ですかから、体重管理はとても重要です。

これからの体づくりについて

今の僕の状態が決して悪いとは思っていません。しかし、今シーズンは残り2回トレランレースに出る予定ですし、僕は走るのが好きなので、これから少しずつ体重を落としていきたいと考えています。

もちろん体重を落とせば筋肉量は必ず減ります。しかし極力筋肉の減少を抑制しながら、その分脂肪を減らし、体重を落としていく予定です。

僕が今使っている体組成計はこちら、SDカード経由でPCにデーターを取り込める

でも、今はこれが欲しい。Bluetooth搭載でiPhoneにデータを自動送信できる!

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ