ナイキ ズームフライをやっと購入

シェアする

どうも、昨日は暴風雨の中を走り、どんでもない目に遭ったエノカツです。

足は遅いです。

今履いているランニングシューズがもうボロボロなので、そのまま履き続けていると怪我しそうな感じになってきました。

ブログにも書きましたが、次の候補はナイキ ズームフライにしようと決めていたんです。

どうもこんにちは。 なんちゃってランナーのエノカツです。 僕のランニングシーズンは5月からスタートし既に350キロ走ったことを先...

ミーハーな僕は、設楽悠太選手がヴェイパーフライ 4%で日本記録を塗り替えたというだけで、同じ靴が気になっていました。

2月25日の東京マラソンでは設楽悠太選手が日本記録を5秒上回る2時間6分11秒のタイムをたたき出しました。 日本記録を更新したのは16...

最近では2時間1分39秒でマラソン世界記録を塗り替えたエリウド・キプチョゲ(ケニア)選手もヴェイパーフライ 4%を履いていたといいます。

しかし、ヴェイパーフライ 4%は2万円を超える値段で品薄状態。

さらに、対応走行距離は150km程度といいますから、完全なレース用シューズで。

とても練習で履けるようなシューズではありません。

なので、ヴェイパーフライ 4%をヒントに開発されたという、ズームフライが妥当とあいなったわけです。

過去にナイキの靴はたくさん履いてきましたが、実はランニング用は今回初めてだし、やっぱり試着してから買いたいんですよね。

なので数日前に自宅近くの量販店、デパート、スポーツショップなどに足を運んだのですが、どこにも置いていませんでした。

人気商品で品薄なのか、値段が高くて売れないから置いていないのか分かりませんが、品薄と知れば益々欲しくなるのが人情というもの。

仕方が無いので、昨日通勤先から最も近い量販店に在庫確認の電話をしたところ「置いてますよ」との返事だったので、台風接近で電車が運休になるという状況にもかかわらず、買いに走ったわけです。

おかげで、日曜の午後だというのにお店はガラガラで、ゆっくりと試し履もでき、無事購入に至ったというわけです。

ということで、ズームフライの詳しいディテールや走った感じのレポートなど今後掲載していく予定です。

では、今日はこの辺で!

ナイキズームフライインプレ【ディテール編】はこちら

やっと購入できたナイキズームフライ。 2018年2月の東京マラソンで設楽悠太選手の日本記録更新(2時間6分11秒)や、9月にエリウド・...
スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ