ナイキ エア ズーム ペガサス 35のインソールをフォームソティックス Run Singleに換えました

シェアする

先日、ジョギング用にナイキ エア ズーム ペガサス 35を使用していることを書きました。

とてもいいラインニングシューズなので、最近はヘビーローテーションで履いています。

性懲りも無く、またナイキのランニングシューズをご紹介いたします。 先日少しお話ししたナイキ エア ズーム ペガサス 35です。 ...

なのですが、ちょっとサイズに難点があります。

試着した時に、25.5cmは少し小さめでつま先が当たる感じ、でも26cmだと踵が浮く感じがしたので、結局25.5cmを買いました。

走ってみても、やはり若干小さめなので、解決策としてインソールを交換することにしました。

選んだインソールはフォームソティックス (Formthotics)Run Singleという薄めのタイプ。

僕は今までにフォームソティックスのRUN DualやRun Dual Competitionを使ってきましたが、Run Single以前から使ってみたいと思っていました。

Run SingleとRUN Dualの違い

フォームソティックスはほとんどがRUN Dualのように2層構造になっていて、上の層はショック吸収性に優れた素材なんだそうです。

RUN Dual

created by Rinker
Formthotics(フォームソティックス)
¥6,400 (2020/07/04 18:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

1層構造のRun Singleは上の層のショック吸収性に優れた素材が無い分、薄いインソールになっています。

RUN Single

created by Rinker
Formthotics(フォームソティックス)
¥5,900 (2020/07/04 18:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

なので、ちょっと窮屈なナイキ エア ズーム ペガサス 35にRun Singleを使ってみることにしたのです。

ご覧のようにRun Single(上)とナイキ エア ズーム ペガサス 35のノーマルのインソール(下)のつま先の部分の厚みを比べて見ると、いかにRun Singleが薄いかということが分かります。

ちなみにRUN SingleはSサイズを購入し、ペガサス35 25.5cmに加工無しでピッタリジャストで収まりました。

ペガサス 35とRun Singleの相性

Run Singleはメーカーの説明によるとフルマラソン2~3時間前後のランナーにお勧め、とあります。

1層構造のRun Singleは薄く、ショック吸収性もあまり無いとの理由からだと思いますが、僕があえてRUN Singleにしました。

その理由は、ペガサス35自体が優れたショック吸収性を持っているからです。

むしろ、ハードなインソールを入れたくらいが、ペガサス35には丁度良いのではないかと考えたくらいです。

実は以前、どこのブランドとは言いませんが、衝撃吸収性の良いランニングシューズに、これまた衝撃吸収性の良いインソールを入れたところ、大失敗したことがあります。

ペガサス35+RUN Singleで走ってみた感想

実はこの記事を書いている段階では、既に2週間ほどペガサス35+RUN Singleで走っています。

まず、最も解決したかったサイズの問題ですが、これは大正解でした。

RUN Singleの薄いインソールのおかげで足先に程良い隙間ができたのと、インソールによって土踏まずのアーチが押し上げられるので、シューズの中に収まる足の長さは少し短くなります。

また、フォームソティックスが足裏の形状にピッタリとフィットするので、シューズの中の足が前後に動かなくなります。

実際に走ってみると、つま先の当たりは解消されたのはもちろんですが、着地や蹴りの安定感が一層強くなったのは棚から牡丹餅ですね。

やはり、クッション性の良いシューズには、逆に固めのインソールが合うようです。

ちなみに、僕はフォームソティックスを最初にドライヤーで温めて成形したことはありません。

履いて走っているうちに、自然に足の形に成形されます。

最後に

ということで、今回もフォームソティックスは期待を裏切らなかったというお話しでした。

で、ズームフライにもRUN Singleを入れようか検討中。

結局何だかんだ言って、入れるんだろうな~。

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ