ランニングオフシーズンはHIIT【タバタ式トレーニング】でコンディション維持に努める

シェアする

マラソンは秋や冬がシーズンですが、僕は冬の今がランニングのオフシーズンです。

理由はスキーに鞍替えするからなんですが、スキーシーズンであってもジョギングしたりHIITをやったりして常にコンディションを整えるように努めています。

特に今の時期は1日1時間程度しか時間がとれないので、HIITはタバタ式トレーニングを行うようになりました。

タバタ式トレーニングは20秒間の強度の高い運動を10秒間の休息を挟み6~8回行う4分程度のトレーニングで、無酸素性運動と有酸素性運動を同時に鍛えることができます。

詳しくはこちらの記事に書いてありますので読んでみてください。

今、HIIT(高強度インターバルトレーニング)が注目を浴びています。 HIITと言えばタバタ式、と言われるほど有名なトレーニング方法...

僕はタバタ式トレーニングを行う時は誰もいない公園に行って全力走を8回行います。

自宅から公園まで約3キロの道のりで、行きのウォーミングアップ18分とタバタ式トレーニング4分、帰りのクールダウンで18分、合計40分程度という短時間で効果的なトレーニングができるというわけです。

僕はこのタバタ式トレーニングを週に2~3回行うようにしています。

たった4分という短い時間ですが、タバタ式トレーニングは最大心拍数にまで追い込むことができるので、ランニングのシーズンインがとても楽になります。

そして、同時にスキーのコンディションを整えるという意味においても、大きな効果を感じています。

タバタ式トレーニングの詳細や、ランニングだけでなく狭い屋内で行うエクササイズもあります。

詳しくは究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニングという本でご紹介していますので、読んでみてください。

created by Rinker
¥792 (2020/09/18 21:33:50時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ