雨天時のスキー・スノボにおススメのコスパ最強の防水手袋

シェアする

雨が降っているのにもスキーやスノボをしなきゃいけないって結構つらいですよね。

所詮遊びなんですから、態々雨の中を滑らなくてもいいでしょう。

僕も基本的には雨はパスするんですが、何かの事情で滑らなくちゃいけないこともあります。

そうすると、まず困るのがスキーグローブが雨でグショグショに染みてしまい、手が冷たく冷えてしまうことなんですよね。

僕は、暑がりですが末端冷え性、特に手がかじかみやすい体質なんです。

つい先日、雨予報にもかかわらず、どうしても滑らないといけない事情がありまして、真っ先に浮かんだのが手袋の心配です。

今のスキーウェアは防水性が高いので心配ないのですが、僕が使っているスキーの手袋は革製なので、長い間雨にさらされると水が染みてしまいます。

かといって、高価なゴアテックスのグローブを買うのは、出費的に痛いですからね。

そこで思い浮かんだのが、以前からスキー仲間や登山仲間から聞いていた「防寒テムレス」という防水性・防寒性・透湿性に優れた手袋。

早速、アマゾンで検索してポチしてしまいました。

防寒テムレスってどんな手袋?

やっぱりアマゾンは便利ですな。

翌日には自宅の宅配ボックスに届いていました。

防寒テムレスは実際に現物を見るとゴム手袋のような感じなのですが、レインウェアなどによく使われているポリウレタンという素材を使っています。

また、防寒テムレスには普通の手袋のような縫い目が全くありません。

縫い目があると、そこから水が染みてくるリスクが一気に大きくなるわけですから、防水性の高さがうかがえます。

最近のレインウェアは防水性を持っていながらも、汗をかいても蒸れないという透湿性を持ったものがほとんどで、この防寒テムレスも防水性の他に蒸れを抑える透湿性を持っています。

実際に着用してみたところ、普通のゴム手袋なら着用した瞬間から手袋の中がじんわりと湿ってくる感じがするのですが、この防寒テムレスはそんな感じはしません。

雨が染みてこなくても、手袋の中が汗で湿ってしまっては、本末転倒ですから、透湿性を持っているのはとても助かります。

そして、ネーミングに防寒を付けているだけあって、手袋の内側にボアが付いているので防寒性にも優れています。

雨の日のスキーも、手が濡れずにすみそうです!

防寒テムレスはサイズが小さめ

さて、実際にアマゾンで購入しようとした場合、実際にサイズ選びに迷うところです。

アマゾンやメーカーのホームページでは表記サイズに対して、全長・手のひら・中指の長さが記載されていて、これを参考にするとMサイズが適正なんですが、アマゾンの評価欄などを一通り読んでみると、どうもサイズは小さめらしい感じです。

場合によっては、薄手のインナーグローブをすることを想定し、Lサイズで注文することにしました。

実際に届いたLサイズは、インナーグローブ無しでもジャストサイズ。

インナーグローを付けてみると、きつめになるので、もしかしてLLでも良かったかもしれません。

ちなみに、僕はヘストラやロイシュはアメリカンサイズの7.5~8を購入することが多いです。

防寒テムレスを雨のスキーでレビュー

気温10℃で一日雨での使用

ということで、防寒テムレスが届いた数日後は予報通り雨のスキーとなりました。

良かった?これで実戦投入できますな!

この日のスキー場の気温は10℃前後で完全に雨。

滑っていると暑いくらいの気温で、スキーウェアがテカテカと光る程、雨に濡れてしまいました。

防寒テムレスでインナーグローブ無しで雨の中一日着用して滑りましたが、期待通り雨が染みることはありませんでした。

恐らく、今まで使っていた革製のスキーグローブなら間違いなく水浸しになっていたはずです。

逆に気温が高かったので、手袋の中で蒸れてしまうことを心配しましたが、全く問題無しです。

僕は、汗っかきですが手にはあまり汗をかかない体質なので、手汗が多い人は違うかもしれません。

気温1℃みぞれ交じりで使用

雨のスキーの数週間後に、やっぱり雨予報のスキーで防寒テムレスを使用してみました。

この日の予報は雨だったのですが、予報が外れてみぞれ。

気温も0℃近く寒かったので、防寒テムレスの中には薄いメリノウールのグローブ使用。

防水性は全く問題無かったものの、滑っているうちに手が冷たくなってしまい、午後からは雪に変わったので、普通のスキーグローブ用にチェンジしました。

防寒性をうたっていますが、やはり雨でなければ、暖かさは僕が使っているスキーグローブに軍配です。

着用感は問題無し

スキーの場合はストックを使いますので、やはりグリップを握った感じや、ストックを突くのに弊害が出ても困ります。

防寒テムレスには滑り止め用の細かい突起がブツブツと付いていて、雨の中ストックを握ってもしっかりとグリップしてくれます。

また、防寒テムレスは手の形に立体的に成形しているので、ストックを握っても変な所に皺が寄ったり、突っ張ったりすることも無く、快適に使用できました

最後に

この記事を書いた時点で、実際に使用したのは1日半。

もっと使ってみてレビューしたかったのですが、雨の日にスキーをすることが基本的には無いので許してください。

1日半使った印象としては、暖かい日の雨(スキー場で雨が降るのは基本的に暖かい日ですが)なら防水性や透湿性に全く問題無く、雪になるような厳冬期の防寒性はそれほど期待できないということ。

なので、雨の日限定で使う防水手袋として準備しておくのがいいでしょうね。

この値段なら、僕としては満足度はかなり高いです。

created by Rinker
ショーワグローブ(Showaglove)
¥1,241 (2020/09/23 06:20:00時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ