アウトドアやスポーツで使えるiPhone XR用の頑丈な耐衝撃・防水ケース使用レポート

シェアする

5年以上も使ったiPhone 5Sが使えなくなった

僕のiPhoneの電源入らず、ウンともスンとも言わなくなりご臨終となってしまいました。

まぁ、そろそろスマホを交換しようと思っていたので、修理はせずに携帯ショップに直行です。

対応してくれたお姉さんに、壊れた僕のiPhoneの購入履歴を調べてもらったところ、「5年ちょっと経過してますね」とクスッと笑いなが言われてしまいました。

iPhone 5Sですからね、それくらい経つでしょう。

iPhone 5Sが故障知らずだったのは頑丈な保護ケースのおかげ

そして、このiPhone 5S、普段の仕事以外にもランニング、登山、スキーなどで行動を供にし、過酷な条件の中でも容赦なく使い倒したので、よく今まで故障せずに動いてくれたと言いたい程です。

と言っても、実はiPhone 5Sを買ったばかりで壊してしまった経験があります。

ケースにも入れず雨の中のランニングに携帯したり、道端に落っことしたりと、粗末に扱った結果です。

幸いにして保障に入っていたため、安い金額で新品に交換することができたのですが、同じ過ちは繰り返してはならぬと改心し、当時最も防水・耐衝撃性に優れていると言われた1万円もする保護ケースを購入。

おかげで、5年も故障せずに使うことができたのです。

iPhone XR用に耐衝撃・防水ケースを購入

ということで、iPhone XRの頑丈なケースを購入しようとググったところ、安くて良さそうな保護ケースを発見し、早速Amazonからポチっとな。

ポチっとして、翌日には自宅に届き早速、装着してみました。

装着は簡単、ケースは上蓋と下蓋に分かれているので、iPhoneを入れて蓋を閉めるだけです。

iPhoneの前面側の蓋(パネル)にiPhoneを入れる

隙間ができないように蓋を閉めます

iPhoneが密閉されたケースに入る感じなので、防水性は結構高そうです。

メーカーの説明によると、IPコードによってIP68の最高防水等級を取得しており、水深2Mの水中に30分間まで水没できるそうです。

また、軍用MIL規格810G-516防振材料が採用されていて、衝撃にとても強いそうです。

確かに実物は頑丈そうなので、日常使用でスマホを地面に落としても壊れる確率は低そうな感じはします。

使用感は全く問題無し

密封したケースということで、まず心配なのはタッチパネルの反応ですが、実際使用してみても、全く違和感はありません。

強いて言えば、タッチパネルを保護する透明ケースの部分が、柔らかい素材なので平らではなくゆがんでいる感じで、iPhoneの画面から浮いた部分があったりします。

でも、操作上は全く問題はなく、単なる見た目の問題。

値段も値段なので、こんなもんかと僕は割り切っています。

あとは、ケースにiPhoneを入れる際に、中に埃が入っていたり指紋などで汚れていたりすると、蓋を閉めた後に気になったりするので、気になる酷は、指紋や埃を入念に取ってから入れるようにしましょう。

とは言っても、小さな埃などは完全に取りきるのは難しいので、気になるようなら後からでもケースから出して、埃や汚れを取ることも可能です。

僕は、結構目立つゴミがタッチパネルの部分に入ってしまったので、何度か蓋を開けたり閉めたりを繰り返しましたが問題は無く、丁寧に行えば何度でもやり直しは効きそうです。

あとは、電源ボタンなども、ケースの上から操作感は硬くなるけど問題無く操作できます。

面白いのは、サイレントモードのON・OFFを切り替えるスイッチは、円いつまみを回転させることで操作します。

充電器を差し込む部分はこのように、密封性の高い蓋が付いています。

蓋の開け閉めが面倒な方は、ワイヤレス充電器が付けるそうなので、その方がいいかもしれません。

このiPhone XR用ケースはアマゾンから買えますよ!

最後に—コスパは最高!今のところ大満足っす—

という感じで、まだ使いだして数日しか経っていないので、落としたり、ランニングで大汗かいて濡らしたり、水没させたりなどはさせていないので、このケースの本当の真価は分かりませんが、実際に手に取ってみると頑丈そうで、なかなか良さそうな感じです。

それに、これで2,000円台は安いでしょう!

以前買った10,000円もするケースと遜色ない感じなので、コスパはなかなかのものですな。

暫らく使ってみて色々あれば、またレポートするかもです。

では、今日はこの辺で!

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ