ドライブしながらコーヒーを楽しみたいならTHERMOS(サーモス)タンブラーがおススメ

シェアする

僕は1日に最低でも5杯くらいはコーヒーを飲むほどコーヒーが大好きです。

冬になると頻繁にスキーに行くのですが、車での移動中にもコーヒーを楽しんでいます。

最近はコンビニで安くて美味しいコーヒーが買えますが、それでも自宅でドリップしたコーヒーの方が安上がりなので、登山の時に使用しているサーモスの山専用ボトルに入れてスキーに出かけます。

この山専用ボトルは保温性(保冷性)に優れているので、常に暖かいコーヒーが楽しめる点が凄く重宝しているのですが、ドライブ中に使うには欠点があります。

それは、ボトルの蓋をコップ代わりにしてコーヒーを注いで飲む必要があり、1人で運転している時には非常に使いづらいんです。

おまけに、このボトルのコップは結構小ぶりなので、中に注いだコーヒーを運転中に飲んだり、ドリンクホルダーに出し入れするのも一苦労。

時として、コーヒーがこぼれてしまうことがあります。

ハッキリ言って、このボトルはドライブ中に使うのは向いていません。

そんなこんなで、ドライブ中にコーヒーを楽しむもっと良い方法は無いかと思案していたところ、サーモスには保温性に優れた真空2重構造のタンブラーが存在することを知ったのです。

タンブラーであれば直接口を付けてコーヒーを飲むことができますので、いちいちコーヒーをコップに注いで飲むといった煩雑な作業は必要ありません。

ですが、不安はドライブ中やタンブラーを持ち運ぶ時に、コーヒーが零れてしまわないかという点です。

サーモスのタンブラーには専用の蓋が別売されているのですが、密閉構造ではないので中の飲み物が漏れてしまいます。

が、良いのがあったんですね。

中の飲み物が漏れにくいタンブラーが。

僕が買ったのはサーモスの真空断熱タンブラー/ROD-001というタイプ。

蓋の部分にOPEN/CLOSEのレバーがあり、このレバーを動かすことによって、中のバルブが開いたり開いたりする仕組みになっていて、中の飲み物が漏れにくい構造になっています。

レバーがCLOSEの状態だとバルブが閉っている

レバーがOPENの状態だとバルブが開いている

何度か試しにレバーがCLOSEの状態でタンブラーを横にしたり逆さまにしてみたり、使用中に意図せずに何度もタンブラーを倒したりしましたが、今のところ中の飲み物が一滴も漏れることはありませんでした。

ちなみに、メーカーは完全密閉構造ではないと言っていますので、漏れてしまったからと言って文句は言えませんし、極力倒したり横にしたりしないように使用した方が良さそうです。

僕もそのように心がけています。

あと保温性に関してですが、既に使用している山専用ボトルと同じように、半日位なら中のコーヒーは余裕で冷めずに暖かい状態で楽しむことができます。

あと、僕はスキーの帰りにはコーヒーを切らせでしまうので、コンビニで買ったコーヒーをこのタンブラーに入れて使うことも結構あります。

このタンブラーの容量は470mlなので、セブンイレブンのホットコーヒー大(235ml)なら丁度2杯入れることができますので、よく利用します。

また、タンブラーの底の部分はテーパードしているので、車のドリンクホルダーへの収まりも文句なしです。

欠点は、直接ボトルの中のコーヒーに口を付けるので、入れたてだったりすると熱い思いをしましたが、これは保温性の素晴らしさの裏返しなので、文句は言えませんね。

何よりも、ドライブ中であってもカップに注いだ暖かいコーヒーを楽に、簡単に楽しむことができるので、本当に買って良かったと思えます。

最近の僕のお買いものの中でも大ヒットです!

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥2,905 (2020/12/06 00:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ