スキーグローブを reusch(ロイシュ) LOBSTERに新調しインプレしてみた

シェアする

先日スキーをしておりましたら、3年使用したグローブに穴が開いてしまいまして、仕方なく新調することにしました。

僕は無類の末端冷え性でして、保温性の良くないグローブをすると手先が冷えて痛くなってしまい、スキーが楽しくなくなってしまいます。なので、グローブは必ずミトンタイプで、極力暖かめのものをケチらずに選んでいます。

ちなみに、今まで使用していたグローブは北欧の有名なグローブ専門のブランド。

とても柔らかな革質で、ストックの握り心地はいいのですが、保温性は僕の満足のいくものではありませんでした。さらに、防水性もあまり良くないのも不満の一つ。

今回選んだスキーグローブはreusch(ロイシュ) のLOBSTER

ということで、スキーの街として有名な御茶ノ水を徘徊しいて、ふと目にとまったグローブが、reusch(ロイシュ) LOBSTER 。

なんとなく、手を入れてみると、以前使用していたグローブと違い、硬くて握り心地もあまり良くなく第一印象はぱっとしなかったのですが、中綿は厚めな感じで保温性も良さそう。

店員さんが寄ってきたので、少し話しを聞いてみると、ロイシュのグローブは分厚い革を使用しているので、最初は硬いけれども、専用のクリームなどを塗り込んで馴染んでくれば柔らかくなるとのこと。保温性も耐久性も僕が使用していた北欧ブランドよりも、優れているとのことでした。

確かに分厚い革を使っているのなら、最初の硬さは仕方ないこと。以前使用していたグローブよりも握り心地は落ちるけれども、保温性と耐久性に優れているという言葉に魅かれて、専用のクリームと一緒に購入に至った訳なんですね。

reusch(ロイシュ) のLOBSTERを実際に使ってみた

家に持ち帰りクリームを塗りこんでみると革は柔らかくなり、握り心地も多少は良くなりました。

早速スキーで5日程使用。保温性に関しては、確実に北欧ブランドよりは優れいて、指先が痛くなる程冷えることは無かったですね。ただ、ゴワゴワした感じで硬い握り心地が若干ありますが、使っているうちにあまり気にならなくなりました。むしろこの硬さがしっかりした感じで安心感にも繋がっています。

防水性に関しては、以前のグローブは少し湿った雪が付いただけで、染みてきたのですが、
ロイシュは撥水加工を施した革を使用しているということで全く問題無し。

最後に

実は、以前からロイシュをずっと使っていたんですよね。でも、革の柔らかさと握り心地の良さだけで北欧製のグローブに変えたのですが、結局以前のブランドに返り咲いた形になりました。

ということで、今回はとてもいい買いものができたということで大満足!今シーズンも楽しいスキーライフが送れそうです!

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ