僕の口に合わなかったスーパーフード「チアシード」を今日は大満足で食してしまった!

シェアする

僕は最近キッチンに入る度に心に引っかかることがありました。それは棚の奥で眠っているある食べ物です。

それは「チアシード」と呼ばれる不思議な食べ物です。

そうです、以前スーパーフードとしてテレビなどで紹介されたアレです。海外のスーパーセレブ達に食され、栄養価満点でさらにダイエット効果まであるということを知り、数か月前にポチしてしまいましたが、あまり食さずにキッチン戸棚の奥に眠ったままになっていたのです。

チアシードは美味しくない

▼ゴマのようです。

このチアシードという一見ゴマのような食べ物は、水に浸して食べるようです。このように10分くらいたつと、ジェル状に膨らみ見た目も食感もまるでカエルの卵です。味はほとんどありませんが、正直「おいしくない」のです。

▼カエルの卵?

醤油、ソース、マヨネーズ、塩コショウ、オリーブオイル、ドレッシングなどをかけてみたり、サラダに混ぜるなどして試してみましたが無理でした。味というよりも食感がカエルの卵を食べているようで(本当に食べたことはありませんよ)、私の口には合いませんでした。

そんな状態だったので、この数カ月の間キッチンの戸棚に放置されていたのです。

美味しくないけど食べたいチアシード。それは凄い栄養が含まれているから!

しかしこのチアシード、スーパーフードというだけあって、凄い栄養をたっぷりと含んでいます。

  • たんぱく質
  • ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)
  • ビタミンB
  • 食物繊維
  • オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)

特にオメガ3脂肪酸とビタミンB群はランニングや筋トレをする僕にとって重要視している栄養素です。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は血液中の脂質濃度を下げる働きがあり、アスリートにとっては持久力の強化、疲労回復、筋肉痛の軽減、怪我や故障の予防になると言われています。

ビタミンB群

ビタミンB群は糖質・脂質をエネルギーに変える、またはタンパク質を筋肉に合成するなどといった働きを補助・促進する働きがあります。

オメガ3もビタミンBもサプリで補うことは可能なのですが、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルは毎日大量に汗をかくランナーは不足しがちな栄養素ですし、たんぱく質も非常に重要な栄養素です。これらを一気に摂れてしまうなんて、そんな食品はなかなかありません。

ちなみにチアシードが注目されているのはダイエット効果だそうです。大さじ一杯(10g)で約50kcalと結構カロリーは高いようですが、水に含ませると10倍位にふくらみ、満腹感も得られ、栄養価も高いというのがその理由のようです。

偶然ヨーグルトの中に入れてみたらあら不思議!?

この美味しくないチアシードを何とか美味しく食べる方法は無いものか、心のどこかに引っかかるものがあったのですが、今日、たまたまひらめきました。

「毎朝食べるヨーグルトに入れてみてはどうか?」

▼ヨーグルトと合体!

さっそく、ヨーグルトにチアシードを混ぜて食べてみると「問題無し」。僕の苦手なジェル状で無味の食感はヨーグルトに緩和されて美味しくいただくことができました。

これで明日から毎日チアシードを食べられます!ありがとうヨーグルト!あれ?

パッケージが少し変わりましたが僕が買ったチアシードです↓

スポンサーリンク
336×260
TOPへ