たばこが原因で人間関係が悪くなる危険性は否定できない

シェアする

僕の仲の良い友人の中に、数少ない喫煙者のK氏がいます。K氏とは趣味や話しも合うので、プライベートでも行動を共にすることが多いんですね。

で、彼と行動を共にすると、とても不愉快になることがあります。それはたばこの臭いです。

たばこの臭いといっても副流煙などではありません。K氏はたばこに対するマナーもある程度しっかりしていて、必ず喫煙場所でたばこを吸っています。

僕を不愉快にさせるのは口臭です。

K氏との会話が弾むと、必ずと言っていいほどヤニ臭い口臭がぷ~んと臭ってきます。普通の口臭なら誰にでもあることだし仕方ないと思えるのですが、ヤニ臭い口臭となると目くじらを立てて不愉快になる人は多いのではないかと思います。

僕も以前たばこを吸っていた時に、口臭がヤニ臭いと言われたことがあります。その時は「たばこを吸っているのだからヤニ臭いのは当たり前じゃないか」と思っただけで、あまり気にすることはありませんでした。

それに、当時は自分の口臭がヤニ臭いなんて気が付いていませんでしたし。まぁ、自分の口臭に気が付かないのは喫煙者に限った話しではないのですが・・・。

しかし、自分が非喫煙者になってみると、人のヤニ臭さがとても不快な気持にさせてしまうんですね。

それは、原因が”たばこ”だからなんだと思います。

恐らく、ネギらーめんを食べた後に、口臭がネギ臭くても、「ネギらーめんなんて食べてんじゃねえよ!」なんて思わないでしょう。しかし、ヤニ臭い人に対して、「タバコなんか吸ってんじゃねぇよ!」と思う人が多いのではないかと思います。

以前、僕がサラリーマンをやっている時に、部下の女性からこのような告白をされたことがあります。

「私はたばこが大嫌いです。そしてたばこをやめられない人は意志の弱いダメな人間だと思っています。ですから私はエノカツさんのことを尊敬できる人間だとは思っていません。」

その当時は、たばこを吸っているだけで人間性まで否定されてしまったことに少しショックを受けましたが、今の自分からすると、そのような気持ちが少し分からないでもありません。

今のところ、僕とK氏との人間関係が壊れることは無いと思っているのですが、もしかしたら「たばこ」をきっかけとして、人間関係にひびが入ってしまう可能性は正直否定できない部分が心の奥底にあるような気がしています。

たばこを吸うということは、対人関係にまで影響を及ぼす可能性を秘めているのかもしれません。

以上は僕がたばこをやめた後に気が付いたことなんですね。

恐ろしや。

created by Rinker
ニコレット
¥5,711 (2020/12/02 21:49:32時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
336×260
336×260

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×260
TOPへ